景観ルックイン2018(第28回)

 

 

原発災害からの復旧・復興過程と景観 ー 南相馬の現状と展望

 

 

主催:日本建築学会都市計画本委員会(生きた景観マネジメント小委員会) 

協力:朝日座を楽しむ会、小高復興デザインセンター、ふっこうステーション実行委員会

日時:2018 年 9月 3日(月)13 時〜18 時

場所:南相馬市内各所・浪江町中心市街地

 東北地方太平洋沖地震による地震・津波被害とこれに伴う福島第一原発事故により未曾有の被害を被った南相馬市においては、発災直後に住民が日本全国へ離散し、行政・公共サービスの一部が停止されるなどして、その後の復旧・復興も大きく立ち遅れてきた。しかし、2016年7月には、市内で最も福島第一原発に近い小高区など20km圏内(旧警戒区域)の殆どの区域も避難指示が解除され、現在、全市を挙げた生活再建の取り組みが進められている。

 発災から7年半。復旧・復興過程はどのように進行しているのか?地震・津波被害に加えて警戒区域の指定など避難指示等により、一時的部分的に閉鎖され解体を余儀なくされた地域の再生において、「景観」はどのような役割を果たしたのか?

 視察と意見交換会をつうじて、原発災害により地区によっては数年に渡り都市・農村活動がほぼ完全に停止した地域の復旧・復興の道筋について、「生きた景観マネジメント」を手掛かりに議論を深めてみたい。

 

【スケジュール】

 

12:30    受付開始 場所:常磐線福島県原ノ町駅東口

13:00    バスツアー出発 

13:00-16:10 バスツアー+現地踏査 

原町駅前→高見公園→浦尻地区→◯浪江中心市街地→上浦地区・桃内駅→◯小高中心市街地(デザインセンター、復興拠点、駅前通り)→野馬追祭場→◯原町中心市街地(旧浜街道沿い) :◯印は下車予定箇所 

(時間・行程上の都合により変更する場合があります)

16:10-16:20  休憩

16:20-18:00  意見交換会 (映画館「朝日座」、原町区大町1丁目120)

 意見交換会

   話題提供:南相馬市復興企画担当者

        南相馬市文化財担当者

        李美沙(小高復興デザインセンター)

        廣畑裕子(小高工房)、他

 コメンテータ:生きた景観マネジメント小委員会担当

     司会:原田栄二(東北大学)

 

18:00-19:20 懇親会 (「朝日座」脇特設会場))

 

 

【参加費等】

バスツアー参加者は現地で「参加費」と「ツアー代金」の両方の支払いをお願いします。

 

  ◯参加費(資料代を含む)

    会員1,000円 会員外2,000円 学生500円

  ◯ツアー代金(団体バス+懇親会費)

      会員・会員外1,500円 学生1,000円

      ・南相馬観光協会の助成金を活用し懇親会を開催します。

      ・準備の都合上、懇親会が不参加の方は、参加申込の際に

       必ずご一報ください。

 

【バスツアー定員】  

 50 人(先着順)

 

【申込み・お問い合わせ】

 氏名・所属・連絡先(メールアドレス)、会員の有無、懇親会の参加有

 無を記入の上、8/10(金)までに下記担当までお申し込みください。

 

【担当】東北大学 原田栄二 宛

    eiji.harada.d4*tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

 

ルックイン2018 フライヤー
周囲の方にもご案内ください
ルックイン南相馬2018フライヤー.pdf
PDFファイル 1.9 MB

 

 

【常磐線原ノ町駅までのアクセス】

 

首都圏発の場合、たとえば上野駅から3つの経路が選べます。

ダイア改正の可能性がありますので参考資料としてご覧ください

 

(1)福島駅経由:

上野7:50~東北新幹線やまびこ205福島駅9:39着~徒歩7分~福島駅東口 10番バスのりば 9:50 ~福島交通バス~原ノ町駅 11:34着

(2)常磐線経由:

上野駅(JR特急ひたち3号 全席指定)8:00発~いわき駅10:23着 向かいホーム 常磐線 普通(旧スーパーひたち 651系車両)乗り換え いわき駅10:27発~富岡駅10:09着 10:30発=(常磐線 代行バス)=浪江駅12:00着 常磐線のりかえ12:20発~原ノ町駅 12:40着

(3)仙台駅経由:

上野8:14~東北新幹線やまびこ127~仙台駅10:11 常磐線のりかえ 仙台駅10:23発~原ノ町11:44